CD/RECORD
1. Gion Shoja (9:00)
2. The Death of Kiyomori (6:54)
3. The Matter of the Six Paths (5:20)
4. The Assault from the Cliff (10:55)
5. The Death of Atsumori (12:02)
6. The Death of Kiso (3:19)
7. The Battle at Dan-no-ura (The Drowning of the Former Emperor) (9:19)
The Tale of the Heike
16, October 2011 Release
Doubtmusic
Format:CD, Album

Akira Sakata: recitation, voice, alto saxophone, clarinet, bass clarinet, percussion, bells
Recorded by Yoshiaki Kondo at GOK Sound, Tokyo, August 4 and 26, 2011
Mixed and mastered by Yoshiaki Kondo at GOK Sound
Design by Satoshi Suzuki
Produced by Akira Sakata and Jun Numata
Includes an 8-page booklet with liner notes by Jojo Hiroshige in Japanese and English (translation by Cathy Fishman) and black-and-white photos
(Japanese) doubtmusic史上、もっとも不穏な一大コンセプト・アルバム、坂田明の朗読と演奏による『平家物語』。諸行無常の哲学と地獄絵図の沙汰。狂おしい木管の音色と鈴(りん)の静寂。ある時は声明(しょうみょう)を、ある時はデス声や唸りを、そしてまたある時は阿鼻叫喚を変幻自在に繰り出す朗読とヴォイス。本気なのか冗談なのか、いずれにせよオシャレなジャズバーとかカフェでは絶対にかからないであろうヘヴィーでドゥームな歴史的大絵巻アルバム! お子様には聴かせないで下さい。トラウマになるかもしれません。ライナーノートはJOJO広重(非常階段)。

これは、大阪でいうところの「ドアホウ」な作品。超ドアホ。ドアホ極まりなし。これを大音量でかけるときは、子供は泣きわめき、猿は踊り、ネズミは走り、馬はいななき、牛はよだれを垂らし、獅子は吠え、竜は猛り、天割れ地裂け海は燃え、あらゆるリスナーは魂を揺すぶられ、内外問わず全てのミュージシャンは嫉妬の嵐に悶えるだろう。信じがたいほどの傑作。滂沱の涙。日本の古典のなかに秘められていた大悪魔が今ここに解放された。ああ、俺はずっとこういう作品を待っていたんだ。アナーキーーーーーー!!!(田中啓文)

doubtmusicのサイトより