Profile
Group
坂田 明 (サカタ アキラ)
1945年、広島県呉市出身、広島大学水産学科卒業。72年~79年山下洋輔トリオに参加、80年より「Wha ha ha」「SAKATA TRIO」結成してヨ-ロッパツア-を皮切りに独立。以後様々なグループの形成解体を繰り返しながら世界中をあちこちぐるぐるしながらあれこれして今日に至る。
近著は「私説ミジンコ大全」CD「海」付(晶文社)。http://www.akira-sakata.com
年譜biography
1945年生まれ 広島県呉市出身、広島大学水畜産学部水産学科卒業。
1969
上京後グループ「細胞分裂」を結成。
1972
「山下洋輔トリオ」に参加、メ-ルス ニュ-ジャズフェスティバル、ベルリン ジャズフェス、プラハ・ジャズフェス、ワルシャワ・ジャズフェス、モントル- ジャズフェス、ニュ-ポ-ト ジャズフェス等様々なフェスティバルに出演。
1980
1989
「SAKATA TRIO」結成、同トリオでヨーロッパツアー、「SAKATA ORCHESTRA」でベルリン ジャズフェスティバルに出演。
以後「WHA HA HA」 「SAKATA SEXTET」 「DA-DA-DA ORCHESTRA」 「MITOCHONDRIA」 「HARPACTICOIDA」など様々なグル-プの結成、解体を繰り返す。「坂田明trio」、「坂田 明&ちかもらち」を中心に和洋の種類は問わず、和太鼓の林英哲、民謡の伊藤多喜雄、木津茂理、狂言の茂山千之丞、津軽三味線の木乃下真一、上妻宏光、人形浄瑠璃の吉田勘録、声明の桜井真樹子、薩摩琵琶の坂田美子、友吉鶴心、などなど様々なセッションを展開。
1990
1999
Bill Lazwellとの共同project「ミジンコ空艇楽団(Flying Mijinko Band)」で中央アジアツアー(北京、タシケント、サマルカンド、ウランバートル、呼和浩特、日本)(1996)
インディーズ・レーベル「Daphnia」を立ち上げる(1997)
2000
2009
呉市市制100周年記念 藤井清水音楽祭(坂田明mii)(2002)
日本科学ジャーナリスト会議(SOLO) 2004
21世紀美術館開館記念ライブ(金沢2004)
DJ KRUSH 8th LP TOUR 2004アメリカ公演(ニューヨーク、サンフランシスコ)に参加(2004)
坂田明mii CD「赤とんぼ」発売ライブ(新宿Pit Inn 2004)
世田谷ファミリーコンサートvol.9(世田谷美術館:2005)
まぼろしの世界フェスティバル
愛知万博 日本政府館(長久手2005)
「早池峰山と閉伊川流域水系のミジンコ棲息状況を気まぐれに観察する」(2005)
「日本チェルノブイリ連帯基金」のスタディーツアー(2005)
広島大学大学院生物圏科学研究科創立20周年記念行事(2005)
「Sakata/O’Rourke Tokyo Session」(2005新宿Pit Innライブ録音)
Pit Inn40周年コンサート(2006)
日本チェルノブイリ連帯基金15周年記念イベント(2006/4/8-9)
広島大学付属実習船豊潮丸乗船(2007)
東京薬科大学生命科学部客員教授(委嘱2007〜(現在も進行中)
「鎌田 實と坂田 明の世界~いのちを語る~」(DUO piano黒田京子2007)
俊寛祭り(鹿児島県硫黄島2008)
海外ツアー2008 Freiburg Amsterdom STEIM Berlin Düsseldorf Köln
四万十川国際音楽祭(2008)
「鎌田實と坂田明の世界~いのちを語る~」(2008)
海外ツアーPERSPECTIVES 2009 in Västeräs Sweden. London cafe OTO . GENEVE cave 12
隠岐島 海士町(2009)
第83回一期一会コンサート 坂田明ソロ(室内)(2009)
第84回一期一会コンサート 坂田明×田中泯(野外)(2009)
Umbrella music Festival :Chicago USA(2009)
2010
3
「日本の音フェスティバル2010 in沖縄」(那覇市2010)
5
「軽井沢朗読館」オープニング・イヴェント(2010 5月)
6
延暦廿年 坂上田村麻呂公創建(国指定史跡2010)
7
鎌田實と坂田明の世界~命を語る~(2010)
10
信濃デッサン館 オリーブの読書館(2010)
クラリネット 合奏(2010)
11
クラリネット 即興トリオ(2010)
12
坂田明trio CD「チョット!」(I’ m here)発売 live(新宿Pit Inn)
2011
6
「春日部共栄学園学園祭(2011)
坂田明trio 東北ツアー2011
7
アクアマリン福島(2011)
8
二風谷チプサンケ前夜祭(2011)
上賀茂神社(京都 2011)
10-11
Akira Sakata & Chikamorachi 東京、モスクワ、ヨーロッパツアー(2011)
12
十和田市現代美術館 with Jim O/Rourke(2011)
2012
2
気仙沼復興プロジェクトfrom銀座(2012)
5
ミラノ(2012)
6
上野 鈴本(2012)
9
上野 龍 写真展(2012)
国立演芸場(2012)
2013
5
国立科学博物館 グレートジャーニー 人類の旅(2013)
6
石見銀山 群言堂(2013)
7
Stockholm , Molde Jazz Fesival (Norway) with ARASHI (Akira Sakata,Johan Berthling, Paal Nilssen-Love) 2013
8
Berlin, Oslo 海外ツアー2013
11
「糸賀一雄記念賞音楽祭(2013)
2014
1
ARASHI Europe tour(2014)
3
糸賀一雄100年記念式典(2014)
4
アケタの店40周年記念(2014)
6
平家物語(2014)
9-10
ARASHI(SAKATA/BERTHLING/NILSSEN-LOVE trio) Japan tour
2015
1
Konstrukt Istanbul Torkey(2015 live & recording)
5
ARASHI Europe tour 2015(Denmark、Sweden、Slovenia、Serbia)
6
Jyderup Højskole (work shop) faculty & solist
7
坂田明とまじめな仲間たち(2015)
8
France Mulhouse with ARASHI & solo
9
糸賀一雄記念音楽祭(2015)
藤井清水音楽祭(呉)
10
Europe tour with Giovanni di Domenico(Bruxelles、Lndon 、Lisboa 、Geneve、Antwerpen)
世界遺産ミュージックフェスティバル(今帰仁城跡)
Jim O’rourke 2DAYS at Sogetsu hall Tokyo
12
Pit Inn 50周年記念コンサート(新宿ピットイン)
2016
2
ARASHI trio Japna tour 2016
3
坂田明とまじめな仲間たち(大阪・名古屋・東京)
5
Mexico elnicho fest. with ARASHI and solo
7
梵人譚(Bonjintan) Akira Sakata ,Giovanni di Domenico,Jim O/Rourke,
Tatsuhisa Yamamoto) japan tour
8
渋谷区総合文化センター 平家物語 (坂田明、田中悠美子、福原千鶴、Jim O’Rourke、山本達久、中山晃子、福井正紀)
丸木美術館ので solo
鎌倉 極楽寺 「耳なし芳一」青木裕子、坂田明、よしむら欅
11
Far out east fest. Poland, Ljubljana,
12
The trio(林英哲、山下洋輔、坂田明) コンサート 伊那市、長野市
2017
1
梵人譚bonjintan live recording at Pitinn
3
能楽堂へ行こう (一噌幸弘 ゲスト)
赤塚不二夫祭 生誕80+1周年記念
4
坂田明とまじめななかまたち (東京、大阪、名古屋)
MIJINNKO camp
5
ARASHI Eupope tour (Warsaw, Stockholm, Padova, Forli.(Italy),Viena,
Oslo (Blow out Festval)
CD
「どうでしょう?!」「海」「SCENIC ZONE」「FISHERMAN’S.COM」「KAIGARABUSHI DJ KRUSH REMIX」「赤とんぼ」「ひまわり」など多数。
著書
「ジャズ西遊記」(晶文社)、「ミジンコの都合」(日高敏隆共著、晶文社)、「クラゲの正体」(晶文社)、「ミジンコ道楽~その哲学と実践」(講談社)「瀬戸内の困ったガキ」(晶文社)、など。
DVD
「ミジンコ 静かなる宇宙」(企画、撮影、音楽)(製作:テレコム スタッフ、販売:ジェネオン・エンタテイメント)
「MIJINKO A Silent Microcosm」English subtitled(英訳:花里孝幸信州大学教授、監修:Stanley I.Dodsonウィスコンシン大学教授2008)
渡来塵(Trijin)
メンバーは、坂田明(Sax,Clarinet,Vocal)、黒田京子(Piano)、水谷浩章(Base)の3名。
黒田 京子 (くろだ きょうこ)プロフィール
ピアニスト
KyokoKuroda
東京都府中市生まれ。’80年代後半、自ら主宰したワークショップ「オルト」では、ブレヒト・ソングを素材に、ジャズだけでなく、演劇やエレクトロニクスの音楽家たちと脱ジャンル的な場作りを行う。’90年以降、坂田明(as)などのバンドメンバーや、演劇や朗読の音楽を長期に渡って務める他、無声映画への音楽提供、ジャズ講座の講師を担当するなど、その活動の幅はたいへん広い。’00年には「オルトペラ・アンサンブル」による音楽劇の公演を行う。’04年からは太田惠資(vl)と翠川敬基(cello)とのピアノ・トリオの活動を始め、近年は即興演奏を主体とした演奏活動を行っている。’06年、オルト・ミュージックを立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。
CD
「Do you like B」(黒田京子トリオ)、「ホルトノキ」(黒田京子トリオ)、「空に吸われし心」(黒田京子、喜多直毅)
ホームページ : http://www.ortopera.com/
水谷 浩章 (みずたに ひろあき)プロフィール
ベース
profile_shimizu
20歳の頃より音楽活動を開始する。アコースティック・ベースを吉野弘志氏に 師事。独自のスタイルでエレクトリック・ベース、アコースティック・ベース を操り、その幅広い音楽性とグルーヴには定評がある。リーダー作として 『LowBlow/カフェおじさん』(’97)、『phonolite/while i’m sleeping』 (’03)、『phonolite trio and ensemble/My Heart Belongs to Daddy』 (’06)、『phonolite/Still Crazy』(’08)をリリース。
今堀恒雄(G)「Tipographica」のレコーディング、フランス・ツアーなどに参加(’95~’97)。南博(p)カルテット(’98~)にて、『BIRD in BERLIN』『GO THERE!』『CELESTIAL INSIDE』の録音、「Beijing International Jazz Festival」、デンマーク・ツアーに参加。加古隆(P)「色を重ねて」(構成:天児牛大)に参加(’97~)。大友良英「NEW JAZZ QUINTET (Ensemble)(Orchestra)」(’99~)にて、数々のヨーロッパ・ツアー、『Flutter』『New Jazz Ensemble/Dreams』『New Jazz Quintet/LIVE』『Tails Out』『ONJO』『ONJO plays Eric Dolphy’s Out To Lunch』『ONJQ Live in Lisbon』『Live Vol. 1: Series Circuit』『Live Vol. 2: Parallel Circuit』等の録音に参加。山下洋輔(p)のグループにて、数々のジャズフェスティバル、ヨーロッパ・ツアーなどに参加(’00~)。柳原陽一郎『ふたたび』『ウシはなんでも知っている』、MIYA『Globe in motion』 『Miya’s Book; Music For Seven Days』、太田朱美『Risk Factor』などをプロデュース。
現在は、自己のグループ「phonolite」(Flute、Sax、Trombone、Cello 等を含む12人編成の変則ジャス・オーケストラ)をはじめ、多数のバンドのレギュラー・メンバー、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとして活躍中。
坂田 明 & ちかもらち (Akira Sakata & Chikamorachi)
メンバーは、Akira Sakata (sax,cla、etc.) 、Drin Gray (bass)、Chris Corsano (drums)
ダーリン・グレイ / Drin Gray プロフィール
ベース / bass
profile_darin
ダーリン・グレイは80年代はじめ、セントルイスのハードコア・ ジャズバンドDazzling Killmenで注目を浴び、以降アコースティックやエレクトリック・ベースの即興演奏で名を馳せるようになった。
現在活動中のロック・トリオGrand Ulenaやオン・フィルモア(ウィルコのドラマー、グレン・コッチェとの デュオ)以外にも、アラン・リヒト、ティム・バーンズ、ジムオルーク、ローレン・マザケイン・コナーズらと共演している。またBrise-Glace、Yona Kit、You Fantasitic!のメンバーでもあり、ボビー・コン、ケヴィン・ドラム、ロープ、ジム・オルーク、ウィル・オールドハム、KK Null、バニーグラント、チア・アクシデントなど数多くのレコーディングに参加している。
Bassist Darin Gray has been a constant in the underground and sub- underground musical community since the 80’s. In the early 90’s he rose to prominence in St. Louis’ hardcore-jazz Dazzling Killmen, Gray has since hightened his notoriety as an improviser on acoustic and electric bass. Outside of his working rock trio Grand Ulena, On Fillmore (a duo with percussionist Glenn Kotche of Wilco) he has continued relations with the likes of Alan Licht, Tim Barnes, Jim O’Rourke, Loren MazzaCane Connors, and others. His was also a member of Brise-Glace, Yona Kit, and You Fantastic! He has recorded with Bobby Conn, Kevin Drumm, Rope, O’Rourke, Will Oldham, KK Null, Bunnygrunt, Cheer-Accident and many others.
クリス・コルサノ / Chris Corsano プロフィール
ドラム / drums
profile_chris
クリス・コルサノは合衆国ニュー・イングランド州でドラムを始めた。ポール・フラハーティ、 ジャンデク、キム・ゴードン、サーストン・ムーア、ローレン・マザケイン・コナーズ、ジム・オルークらと多数の共演歴があり、ソロ作品も発表している。
最近ではビョークの最新アルバム「ヴォルタ」に参加し、ツアーにも同行している。
Chris Corsano originally began drumming in New England, USA. He has often performed with Paul Flaherty, Jandek, Kim Gordon, Thurston Moore, Loren Mazzacane, and Jim O’Rourke, as well releasing several solo recordings.
More recently, he has been touring with Bj?rk, and was featured on her most recent studio album “Volta”.
ARASHI 
2013年Stockholmで結成
メンバー

坂田明 (reeds、vo)
Johan Berthlling (bass)
Paal Nilssen-Love (drums)

梵人譚(Bonjintan)
2016年結成
メンバー

坂田明 (reeds,vo)
Jim O‘Rourke (wood bass)
Giovanni Di Domenico (p.f,key)
山本達久 (drums)